忍者ブログ
同人詩誌ROKUROの活動報告など。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

たちばなです。
去る2012年2月18日土曜日は5回目のROKURO LIVEでした。

1回目はペンギンハウスで、2回目以降はずっと隅田川のほとりのブックカフェ『そら庵』でやらせて頂いております。
http://www.sora-an.info/
オーナーの東海ご夫妻にはいつもあたたかく迎えて頂き、ありがとうございます!


服部剛さん
ご家族のことを書かれた詩を朗読してくださいました。
服部さんの詩は朗読により、とても輝く詩だと思います。私も自宅でたまに朗読させて頂いているのですが、声に出すとここちよいです。
服部さんの朗読の安定感にはいつも時を忘れて聞き入ってしまいます。トップバッターにふさわしい、胸があたたかい液体で徐々に満ちるような素敵なパフォーマンスでした。


シャオさん
昨年の11月に行ったROKUROの合評会でも、清潔感と静かに燃える炎を感じさせてくれる美しい詩を読ませてくださったシャオさん。ライブには初登場でした。 緊張しています、とおっしゃりながらも、そのフレッシュな佇まいと硬質な詩が、美しく融合して、清涼な風をおこしてくださいました。


モリマサ公さん
こちらも初登場です。たちばなのラブコールで今回の出演が実演しました。感無量です。
BGMを使用したリーディング。音を効果的に味方につけて、高まる詩の言葉たちと共に感情もハレーションするほどに高まるようなリーディングでした。光る言葉、光る声、といったような、印象を受けました。かっこよかったです。


ヴィトゲンシュタイン
ヨケマキルさん、そしてROKUROのムラコシ剛、timoleonによる3ピースバンド。
マキルさんのバンド『サンデースクール』の楽曲を3曲演ってくださいました。皆の意表を突いて、ムラコシとtimoが歌うパートもありました! 閑静なそら庵とその周りの空気を、一気にかき回すような力強くて重みのある、パフォーマンスでした。


長谷川忍さん
街を書くのが好きです、とおっしゃる長谷川さん。都会的であり、どこか懐かしくもあるような、素敵な街の詩を朗読してくださいました。朗読を拝読しながら、やさしく柔らかい紳士の長谷川さんが、あの笑顔で街を歩き、感じた思いを胸に積もらせる姿を想像しました。私は長谷川さんのお人柄と詩のつながりの深さがとても好きなのです。


渡ひろこさん
ROKUROの姐さん、ひろこさんは、ご自身はあまり意識されていないのでしょうが、女性の一番するどく美しく艶っぽいところを全て持ち合わせていて、その要素が詩や声にのり、場を“ひろこさんワールド”のように塗り替えてくれます。あの色っぽい深みのある声で、この日も会場を甘い色に包んでくださいました。


雨音仮面
チェロ:西山周、リーディング:たちばなまこと のユニット。
チェロ。木の響きというのは、まろやかで、落ち着いた気持ちにさせてくれます。クラシカルなひとときだったのではないかと思います。詩人のお客さんの中には、ご自分もチェロをバックに朗読してみたいと思う方も多かったのではないかと思います。


nanaさん
nanaさんのリーディングを聴くといつも泣きそうになっちゃうんだよね、というのは那津の台詞ですが、本当にそうだと思います。nanaさんの飾らないひたむきな想いが、ふさわしい言葉で表現され、空気を指で絡め取るように読まれていく。彼女には、正しいエロス、のようなものがあると思っています。


ROKURO BAND
ROKUROメンバーによるバンドです。
オリジナル1曲、カバー2曲を演奏しました。
こうやって仲間と一つのものを作り上げ、表に出せる場があることに、いつも感謝せずにはいられません。


打ち上げは、去年の合評会の際、そら庵さんに紹介頂いた中華料理屋さんへ。
出演者も来場頂いた方も入り交じって、大いに食べて飲みました。 いつも来てくださる方、初めての方、遠くから見守ってくださっている方、ありがとうございます。続けてきて良かったなぁ、としみじみ思うひとときでした。

打ち上げの終わり頃、那津がこそっと「バンドは、(いつか)オンリーで8曲ぐらいやりたいね」と言っていました。オリジナル曲、もっとやりたいなぁ。


次回ROKURO LIVEの日程は未定ですが、また皆様にお目にかかりたいと思っております。
最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。!

たちばなまこと

PR

 

 

グループ名、出演順、決まりましたので、再度告知致します。 
遊びに来てくださいねー。 

走る人】ROKURO LIVE VOL.5 【走る人】 

・開催日 2月18日(土) 
・開場 15:30 開演 16:00(終了予定 18:30) 
・場所 東京都江東区常盤1-1-1 ブックカフェ そら庵 
・チャージ \500 *ファーストドリンク付き 
・出演(出演順) 
服部剛 
シャオ 
ヴィトゲンシュタイン 
 (ヨケマキル・ムラコシ剛・timoleon ) 
長谷川忍 
渡ひろこ 
amaOTOKAMen 
 (西山周・たちばなまこと) 
nana 
ROKURO BAND 
 (那津・たちばなまこと・ムラコシ剛・timoleon ) 
・内容 ポエトリーリーディング、音楽 
・まったりしたイベントです。詩に触れながらお茶するもよし、飲むもよし、居眠るもよし、おしゃべりするもよし、です。 


ROKURO、明日スタジオ練習です。 
きゃっほー。

こんにちは。
雨がしとしと。手足は冷えてがちがちの、たちばなです。
さて、ROKURO、久しぶりにイベントをやります。
グループ名がはっきりしていないところや、まだ参加者として声を掛けさせて頂いている方の返事待ちがあるので、決まり次第アナウンスしますね。


★・★・★ ROKURO LIVE VOL.5 ★・★・★

・開催日 2月18日(土)
・開場 15:30 開演 16:00(終了予定 18:30)
・場所 東京都江東区常盤1-1-1 ブックカフェ そら庵
・チャージ \1000 *ドリンク、スナック付き(仮)
・決定している参加者(敬称略・順不同)
服部剛
渡ひろこ
長谷川忍
シャオ
nana
西山周 (cello)
ヨケマキル(rock)
ROKUROメンバー(バンドやったり、です)
(那津、ムラコシ剛、timoleon、たちばなまこと)
・内容 ポエトリーリーディング、音楽
・まったりしたイベントです。詩に触れながらお茶するもよし、飲むもよし、居眠るもよし、おしゃべりするもよし、です。

ライブの前に、あきこさん(そら庵の女将さん)のケーキとカレーを頂こうかと…うふふふふ。

rokurolive4


★・。★;。★・。★;。★・。★;。★・。★;。★・。★;。★
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  MUSIC & READING EVENT ☆ ROKURO LIVE VOL.4 〜忘年編〜
  2010.12.18 sat @そら庵
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
★・。★;。★・。★;。★・。★;。★・。★;。★・。★;。★

*主催* ROKURO
http://murasaki.moo.jp/rokuro_index.html




▼ 日時
————————————————
★2010年12月18日(土) 
◇LIVE   PM 16:00 〜 PM 18:30頃
(開場 15:30 / 開演 16:00)
◇交流会 PM 18:30 〜 PM 20:30頃


▼ 開催場所
————————————————
★ブックカフェ そら庵
〒135-0006 東京都江東区常盤1-1-1
電話 050-3414-7591
sora_an_111@yahoo.co.jp
http://www.sora-an.info/
(駐車場無し。近くにコインパーキング有り。)


▼ アクセス
————————————————
★森下駅から 徒歩10分
<都営新宿線・大江戸線森下駅A1出口より>
・左方向に新大橋通りを進む
・2つ目の信号(新大橋交差点)を左折
・万年橋通りを直進
・万年橋の手前を右に曲がる
・橋のたもとに「芭蕉稲荷神社」の案内表示
・その道の一番奥です

★清澄白河駅から 徒歩7分
<半蔵門線・都営大江戸線清澄白河駅A1出口より>
・右側の道に反転して進む
・東京都交通局清澄庁舎のある通りを隅田川方面に直進
・「清澄ハイツ」のところを右折して万年橋を渡る
・すぐに「芭蕉稲荷神社」の案内表示有り。左折
・その道の一番奥です


▼ 料金
————————————————
★¥1000 
※一部ドリンク&交流会(食事)代込み


▼ 出演&タイムスケジュール
————————————————
★16:05〜
◇ 那津
◇ 渡ひろこ
◇ 吉田マサト * music
◇ nana
◇ 大島健夫
◇ マキルドライヴ(ヨケマキル・あおやぎ健治)* music

【 休憩 】

★17:25頃〜
◇ ムラコシ剛
◇ たちばなまこと
◇ ぬくみりゑ
◇ 長谷川忍
◇ ROKURO BAND * music


★18:30頃〜パーティー(交流会)

※敬称略



▼ ROKURO LIVE について
————————————————
★ROKURO LIVWは、リーディングと音楽のイベントです。
「肩の力を抜いて、出演者も観客も楽しもう」それがコンセプトです。
お陰様で4度目の開催となりました。
ひとえに、日頃から心を寄せて頂いている皆様のおかげです。
感謝しております!
★隅田川沿いの、松尾芭蕉ゆかりの地にある、ブックカフェ「そら庵」。
川のにおいが優しく香ってきます。お散歩がてら、お気軽にお越し下さい。
イベント終了後、軽く食べ飲みながら、お客様との交流をしたいと思っております。
皆様のお越しをお待ちしております!





*
7/3に東京都江東区の「そら庵」で開催した、リーディングと音楽のイベント、ROKURO LIVE VOL.3 のレポートです。



ライブから2週間経ちました。
皆皆様、本当にありがとうございました。
また、お会いできる日が楽しみでたまりません。

簡単ではありますが、レポートを。

*****

KIKORIさん




ギターでは「リングベル」を
鍵盤では「逆さまの夜空」を歌ってくれました。(表記合っていますか?)
今回初めて聴いた「逆さまの夜空」のことを。
とてもよかったです。弾むようなピアノ、おとぎ話に出てくる女の子のような歌声、歌詞。
“時が街を飲みこむんだってね…” と、始まる歌。
KIKORIさんが受け止めた夜の都内の光景が歌われているのかしら。
タワーのてっぺんから、宝箱に入った星のビーズをまき散らしたような、きらきら感がときめきを誘いました。



渡ひろこさん


ROKUROの姐さんと呼ばれている渡さんです。
いつも色っぽい渡さん。
そのヴィジュアルと詩の色気と知性が織り込まれて、空間はピンと張ったオーガンジーのように、美しい緊張が走るのです。
読みながら少しずつかたむけれられてゆく肢体を見るのも、私は好きなのでした。
渡さんの詩には、必ずひとつの流れ、ストーリーがあるのだと思います。
美しく始まり美しく終わる…そんな印象です。

■動画
http://www.youtube.com/watch?v=i24xJ5bqlI8
(※なかなかpart2をアップロードできなくて、現在1のみ。
  なんとかエラー無しにアップしたいです)

ROKURO6号に寄稿して頂いた「かんばん娘」も読んでくださいました!
そら庵のかんばん娘、ポチコです。





nanaさん


リーディングが初めてだそうですが、天性の落ち着きがありました。
なにより、持っているものの清潔感が爽やかに薫って、香り始めた女性としての魅力と重なり、見る人、聴く人を惹きつけました。
私はnanaさんのテキストが好きです。
身体感覚と精神世界が手を繋いで…いわば魂とからだが同じもの、ひとつになって、朝の光のようにすっと入ってきます。
今後の活動も楽しみな若い才能です。

■動画
http://www.youtube.com/watch?v=XWlGS7WP7sY




吉田マサトさん


那津とデュオを組んでいた頃、歌を聴かせていただいたことがあります。
ポジティブで、爽やかで、優しい。まさに「好青年」を絵に描いたような歌です。お人柄も、きっとそうなのでしょう。
歌詞が自然で、キャッチーなので、聴いているうちに口ずさみたくなりました。
“そんなもんだよ 男の子の 頭ん中は そんなもんだ”
と歌っている歌、特に好きでした。(タイトルなんていうんだろう?)

■動画
http://www.youtube.com/watch?v=S51h9_oe0Nc
(※こちらもpart2がエラーでなかなかアップできず…)





ROKURO BAND




夏○雨ちゃん曰く「名前が古い 笑」(昭和)
そのコメントに一人爆笑していたたちばなです。
分かり易いっちゃ分かり易いネーミングですよねぇ。

↓手前味噌です。
私が、センターで歌わせてもらっていいのか…と、申し訳なくなるくらい、
アコギ 那津 
エレキ ムラコシ剛 
鍵盤 timoleon   
演奏が上手いとか下手とか、わかる方ではないので、フィーリングでしかものを言えませんが、
「かっこいいな…」って、思いました。
普段の彼らは、詩を書いてお酒飲んでご飯食べて、だべって…そんな楽しい仲間なのですが、いざ演奏が始まると、皆普段とは違う表情で、普段とは違う表皮が現れて…おもしろいですね、音楽って。

ちなみに、次回、あります。
新曲も、やります。

■動画
http://www.youtube.com/profile?user=pikan3pikan
(私のアカウントのトップページに飛びます)





服部剛さん


まさか、あの服部さんが、ROKUROのイベントで読んでくださるなんて!
初登場の服部さんです。
ベンズで出会った詩人さん達もよくおっしゃることなのですが、服部さんの朗読は、聴き心地がよいのです。
私は、特に服部さんの書かれる家族の詩、友人の詩、職場の詩が好きです。
人と事象と時々現れるモノとが、静かに話しかけてくる感じが。
お人柄と、詩を愛するこころが、本当によく響いてくる…。
尊敬しております。

■バッテリー切れで動画とれませんでした(泣)





ヨケマキルさん




マキルさんのパフォーマンスを観るといつも「プロ意識が高いなぁ!」と、改めて尊敬し直します。妥協することを知りません。
そら庵の演奏の中では、今回が一番よかったと、私は思いました。
要するに、毎回アップデートされてゆく。プラスプラスに。
「user unknown.」は、ホントにホントにロックで、最後はギターを床に打ち付けて、驚きました。その流れで
「じゃあ、ギターが壊れてしまったので、次はピアノでーす」
と、「春の死の音」ではkikkiさんもエレピで登場でした。
笑いも忘れない、マキルさんです。
「春の死の音」、これがまた良いのです。静かな、静かな…。



■動画
http://www.youtube.com/watch?v=0PcKfw3Eu0w
■CD「ドクター・ペッパーズ・メンタル・アシッド・テスト・バンド」
http://sundayschool.is-mine.net/
[DISCOGRAPHY]からamazonで購入できます。






ムラコシ剛


ムラコシ氏の声はよく通ります。おそらく、マイクが無くても、後の席まで届くと思います。
その声で、彼独特の、緊迫感のあるテキストが朗読される…。
私はいつも、うちのめされてしまいます。ヘビー級のパンチです。撃たれた瞬間よりも、後からじわじわ苦しめられるような。
彼の詩には、そのような重厚感があります。日本語の繊細で重いパンチ。
月日と共に才能がにじみ出てきますね。これからもじわじわ、じわじわ、よろしくお願いします。




たちばなまこと


「ヨガスタジオで」では、ちょっとチャレンジして、最近はまりまくっているヨガの動きを、リーディングの合間に取り入れてみました。
リーディングは、歌やダンスに似ているな、と思います。演技にも似ているのでしょう。もちろんヨガにも通ずるものがあると感じます。
自分のからだを使って「表現すること」、「伝えること」、そして「自分が楽しむこと」。
いつもどこかに感じながら、これからもやっていこうと、特に感じた日でした。

(写真…羽織っているカーディガンが、ちょっと蛾っぽいのが気になります 笑)






ムラコシ剛による、だだすべりスライドショー


実は私、これのファンでして…。
ライブの後の、プチパーティーで上映(?)されました。
笑えます。しつこいくらいに笑いを誘います。
今のところ、ROKUROのイベントでしか観られません!
未体験の方には是非、体感して頂きたいです。




そして…

HAPPY BARTHDAY TIMOLEON !!!





正確には5日ですが、サプライズということで。




*****
いやあ、いかがでしたか?
次回も一緒に楽しみましょう。

ここまで読んで頂き、ありがとうございます。
本当に。


たちばなまこと
HOME  → NEXT
Copyright (C) 2017 ROKURO BLOG All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]