忍者ブログ
同人詩誌ROKUROの活動報告など。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

キャメルジャンキー那津が
秋の始まりの
まだあの夏の熱風の
残り湯の中
京都を旅しました

京都とは何か?
詩人とは何か?
絵文字と20代前半
の3つの視点から旅を進めてきました

メンバー紹介

一人目:村越ゴウ

今回、京都ということで仏像ジャンキーの村越に
6文銭を渡し水先案内を頼む
仏閣だけでなく多方面で博学を発揮し
俺がぼけた時のイメージの広がり方、世界観の構築
その構築された世界観をもう一度壊し
鋭く突っ込んでくるタイミング
完璧である

ROKURO発足時からのメンバーであり
生きていた頃のモーヌとも親交があった
38歳
B型
好きな食べ物はモツ鍋






二人目:Timoleon

8月の終わり
新宿の中華料理屋で北京ダックをほおばっている時
肩肘を付きながら
「どっか行きたい」
と桃井かおり風に言い出したのがこのティモレオン
主にぼけ担当
旅の間はティモレオントランスと呼ばれていた

モーヌ他界後、ROKUROの正式メンバーになる
世界観と行動がシンクロしそうな稀有な人間
36歳
AB型
好きな食べ物はモツ鍋






三人目:那津(なっつん)

なんとなくいつまでたっても学生気分が抜けない33歳
相変わらずやると決めたら無理にでも断行する
新宿の中華料理屋からみどりの窓口に直行した
基本的にぼけ担当だが
今回の旅で村越が突っ込みに疲弊したため
今後はハイブリットを目指す決意をする

ROKURO主宰
血液型不明
好きな猫のタイプ:長女
好きな食べ物は駅弁
有名な言葉に「詩して屍 拾うものなし」「受け入れる事で受け入れられる」等がある






この三人で今回のお話は進みます
ではスタート




カキ氷を25年ぶりに食べたぁ


旅は食だ
とモーヌと何度か話していた
やはりまずはじめに食の話を。
食べる事は好きで、京都でも何か見つけられたらと思っていた


初日三十三間堂に行った後
かなり良いエイジングのうどん屋に入る

(店内雰囲気最高)


このうどん
かなりやばい 美味しいのだ


手前:きつねうどん
奥:う・ど~ん

歩き途中に偶然見つけましたが
本当に凄く美味しくて、
①初日から晴れた事
②このうどん屋を見つけた事
の二点で
俺はもう京都を満足してしまった
というくらい、美味しかった
具体的には、どんべえっぽい味


そして、そのお店にはなんと
カキ氷があった!!
普段甘いものをほとんど食べない俺ですが
残暑厳しい外を歩いてきたので
手を出してみる
「俺はいらない」
とティモレオントランス
「俺は喰う!」
と村越



エキセントリックな赤が特徴のイチゴ
滑らかな氷と絶妙にマッチ

村越は抹茶を頼む


「なっつん、この抹茶超うまいよ!」



「剛さん、美味すぎて手が震えてる~!!」


「美味い~♪」


「眠いでちゅ~」




修学旅行ぶりの清水寺




(消えた二人)


清水寺に行った
初日
観光客のほぼ半分が外国人で
ジャマイカの人たちである
ここ清水寺
建物自体は平安時代からあって
なんていうか凄くパワーを感じた
その名の通りそこらじゅうで水を使ったアトラクションがあって
陽気なジャマイカン達を喜ばせていた


久しぶりにかなりの距離を歩く
が三人でふざけ続けているのであまり苦にならなかった


「いや~歩いたねティモさん」



「ナッツン、チンコ掻きすぎだよ」



爽やかな清水寺の敷地内が伝わる写真達



五重の塔ではしゃぐ

初めて五重の塔を見ました
東寺は凄いところで感動!
仏像も、仏閣も、和尚の話も、エイジング、ナイス!



(明らかにテンションの違う2人)

ここいらでティモレオントランスの充電が切れ始めたので
初日は宿に向かう事にする



東寺で光る俺←有料ですがどなたでも光る事が出来ます



京都の風景を深くする人力車
舞子衣装の女性が乗っていた



出発進行~



「何言ってんだお前!」←突っ込みの練習





「ジャマイカ~ン」





銀閣寺と広隆寺

二日目


銀閣寺なのに全然白い




銀閣寺よりも、この庭が凄かった
将来こんな庭のある家に住もうと心に決める那津




でも幸村にウンチされるな



素晴らしい眺め
村越ゴウはふだんランニングしているだけあって
2日目も元気でした
那津とティモレオンはバテバテ



ティモレオンの書いた京都旅行にもありましたが
広隆寺も凄かった
平安時代の阿修羅と仏像
正にカリスマの共演
画像に納められないのが残念
広隆寺の庭には蓮が咲いていました
小さく可憐だが
なぜか奥行きを感じる白さだった
2日目も満足の仏閣巡り
京都超初心者の那津もかなり楽しめました




東京に帰る



色々あって全然描ききれませんが
兎にも角にも晴れ渡っていて良かった



素敵な裏路地があって



住宅街に風格の門があり



朝靄のアンコールワットは最高に神秘的で
魂に何かを吸い込む儀式をしたような
そんな感覚に陥る
素晴らしい










「帰りたくない~」
「京都に住みたい~」











「あ~なんか力でないなあ」


「フュージョーン!」(羅生門にて)




まとめ

というわけで京都の旅
最高でした
怪我する事もなく
連詩あり
美味い飯あり
舞の海あり
帰りの電車はへろへろ


京都、また行くぜ!






2010.9.28 NA2



PR
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
 無題
面白い!
うどんおいしそー。

いつかモツ鍋を食べに博多へカモンです。
夏野雨 URL 2010/09/28(Tue)14:26:16 編集
 博多、良いねゑ
>夏野さん
うどん、本当に美味しかったですら
手前はきつね(きざみ)、奥は剛さんがたのんだ「けいらん」といううどん
「けいらん」はタマゴあんかけうどんみたいなやつです
ティモさんは「たぬき」を頼みました
「たぬき」は関東みたいに揚げ玉がかかっていなくて
きざみのあんかけだったです
剛さんとティモさん、熱々のあんかけうどんを食べていますた
おもろかったわ~

博多!行きますよ
そうだ、博多にいけばよかたいね!


那津 2010/09/28(Tue)16:46:56 編集
 はい、ポーズ!
「美味い~♪」のところと
(明らかにテンションの違う2人)
のところのポーズは、今回の旅のテーマポーズなの?(笑)
たちばなまこと 2010/09/29(Wed)10:07:32 編集
 無題
絵文字と20代前半は?(笑)
timo 2010/09/29(Wed)14:17:45 編集
 テーマポーズ
>タチバーナ
そうです(笑)このポーズ実は清水寺の画像でもゴウさんがやってます

でも本当は全部フュージョンで撮りたかったずら

タチバーナへのお土産、ジェームスディーンTシャツ、着てくださいね
俺はね自分用のお土産にAKBの団扇を買いましたよ
那津 2010/09/29(Wed)23:29:18 編集
 しまった
>ティモレオントランス

そうだね
詩と絵文字の事が描かれていないね!
これはしまった
(まあ、いいや)

ティモさんといすゞ、打ち解けていたように見えました
二人とも人見知りで不器用さがあるから仲良くできていたようで
嬉しかった
いすゞもティさんも四国出身だからなぁ

四国といえば
いすゞは讃岐以外のうどんは認めない!
というオーラが出まくっていたなぁ

四国の旅も良いかもね
四万十川でフライフィッシング

オーラといえば俺とフュージョンしてから、肩凝りとか無いでしょ?
那津 2010/09/29(Wed)23:43:02 編集
 無題
フュージョンって、ドラゴンボールだったんですねw
まったく知らずにやっていました。
たぶん、剛サンもw
timoleon 2010/09/30(Thu)00:54:33 編集
 そうよ

DB
ティモレオンとゴウさんがフィージョンしているので今、二人は合体中です

ボール繋がりやな
那津 2010/09/30(Thu)12:01:07 編集
 ボール
お土産のトンボ玉って…。
たちばなまこと 2010/10/01(Fri)17:43:20 編集
 無題
出遅れた!(笑)
仏閣に詳しい剛さんの解説つきなら、京都旅行もディープで面白いでしょうね♪
私もまた京都行きたいな~!
美味しいもの食べたい!(←そっちの方かw)
渡 ひろこ 2010/10/02(Sat)00:36:26 編集
 無題
>タチバーナ
そのとんぼ玉はさ、俺達三人が清水寺の胎内で見つけた奇跡の金玉です!
大切にしてね♪
那津 2010/10/04(Mon)19:32:17 編集
 旅は食
>渡さん
旅は食ですが、京都そんなに期待していなかった
でも、そんな中、空が晴れて久しぶりの仲間に会えて仏閣を見て、もう元取った感じ。
その上にうどんも、定食屋のご飯も美味しかったので
京都、かなり好きになりました!

那津 2010/10/04(Mon)19:34:22 編集
TRACKBACK
TrackbackURL:
PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2017 ROKURO BLOG All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]