忍者ブログ
同人詩誌ROKUROの活動報告など。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

7/3に東京都江東区の「そら庵」で開催した、リーディングと音楽のイベント、ROKURO LIVE VOL.3 のレポートです。



ライブから2週間経ちました。
皆皆様、本当にありがとうございました。
また、お会いできる日が楽しみでたまりません。

簡単ではありますが、レポートを。

*****

KIKORIさん




ギターでは「リングベル」を
鍵盤では「逆さまの夜空」を歌ってくれました。(表記合っていますか?)
今回初めて聴いた「逆さまの夜空」のことを。
とてもよかったです。弾むようなピアノ、おとぎ話に出てくる女の子のような歌声、歌詞。
“時が街を飲みこむんだってね…” と、始まる歌。
KIKORIさんが受け止めた夜の都内の光景が歌われているのかしら。
タワーのてっぺんから、宝箱に入った星のビーズをまき散らしたような、きらきら感がときめきを誘いました。



渡ひろこさん


ROKUROの姐さんと呼ばれている渡さんです。
いつも色っぽい渡さん。
そのヴィジュアルと詩の色気と知性が織り込まれて、空間はピンと張ったオーガンジーのように、美しい緊張が走るのです。
読みながら少しずつかたむけれられてゆく肢体を見るのも、私は好きなのでした。
渡さんの詩には、必ずひとつの流れ、ストーリーがあるのだと思います。
美しく始まり美しく終わる…そんな印象です。

■動画
http://www.youtube.com/watch?v=i24xJ5bqlI8
(※なかなかpart2をアップロードできなくて、現在1のみ。
  なんとかエラー無しにアップしたいです)

ROKURO6号に寄稿して頂いた「かんばん娘」も読んでくださいました!
そら庵のかんばん娘、ポチコです。





nanaさん


リーディングが初めてだそうですが、天性の落ち着きがありました。
なにより、持っているものの清潔感が爽やかに薫って、香り始めた女性としての魅力と重なり、見る人、聴く人を惹きつけました。
私はnanaさんのテキストが好きです。
身体感覚と精神世界が手を繋いで…いわば魂とからだが同じもの、ひとつになって、朝の光のようにすっと入ってきます。
今後の活動も楽しみな若い才能です。

■動画
http://www.youtube.com/watch?v=XWlGS7WP7sY




吉田マサトさん


那津とデュオを組んでいた頃、歌を聴かせていただいたことがあります。
ポジティブで、爽やかで、優しい。まさに「好青年」を絵に描いたような歌です。お人柄も、きっとそうなのでしょう。
歌詞が自然で、キャッチーなので、聴いているうちに口ずさみたくなりました。
“そんなもんだよ 男の子の 頭ん中は そんなもんだ”
と歌っている歌、特に好きでした。(タイトルなんていうんだろう?)

■動画
http://www.youtube.com/watch?v=S51h9_oe0Nc
(※こちらもpart2がエラーでなかなかアップできず…)





ROKURO BAND




夏○雨ちゃん曰く「名前が古い 笑」(昭和)
そのコメントに一人爆笑していたたちばなです。
分かり易いっちゃ分かり易いネーミングですよねぇ。

↓手前味噌です。
私が、センターで歌わせてもらっていいのか…と、申し訳なくなるくらい、
アコギ 那津 
エレキ ムラコシ剛 
鍵盤 timoleon   
演奏が上手いとか下手とか、わかる方ではないので、フィーリングでしかものを言えませんが、
「かっこいいな…」って、思いました。
普段の彼らは、詩を書いてお酒飲んでご飯食べて、だべって…そんな楽しい仲間なのですが、いざ演奏が始まると、皆普段とは違う表情で、普段とは違う表皮が現れて…おもしろいですね、音楽って。

ちなみに、次回、あります。
新曲も、やります。

■動画
http://www.youtube.com/profile?user=pikan3pikan
(私のアカウントのトップページに飛びます)





服部剛さん


まさか、あの服部さんが、ROKUROのイベントで読んでくださるなんて!
初登場の服部さんです。
ベンズで出会った詩人さん達もよくおっしゃることなのですが、服部さんの朗読は、聴き心地がよいのです。
私は、特に服部さんの書かれる家族の詩、友人の詩、職場の詩が好きです。
人と事象と時々現れるモノとが、静かに話しかけてくる感じが。
お人柄と、詩を愛するこころが、本当によく響いてくる…。
尊敬しております。

■バッテリー切れで動画とれませんでした(泣)





ヨケマキルさん




マキルさんのパフォーマンスを観るといつも「プロ意識が高いなぁ!」と、改めて尊敬し直します。妥協することを知りません。
そら庵の演奏の中では、今回が一番よかったと、私は思いました。
要するに、毎回アップデートされてゆく。プラスプラスに。
「user unknown.」は、ホントにホントにロックで、最後はギターを床に打ち付けて、驚きました。その流れで
「じゃあ、ギターが壊れてしまったので、次はピアノでーす」
と、「春の死の音」ではkikkiさんもエレピで登場でした。
笑いも忘れない、マキルさんです。
「春の死の音」、これがまた良いのです。静かな、静かな…。



■動画
http://www.youtube.com/watch?v=0PcKfw3Eu0w
■CD「ドクター・ペッパーズ・メンタル・アシッド・テスト・バンド」
http://sundayschool.is-mine.net/
[DISCOGRAPHY]からamazonで購入できます。






ムラコシ剛


ムラコシ氏の声はよく通ります。おそらく、マイクが無くても、後の席まで届くと思います。
その声で、彼独特の、緊迫感のあるテキストが朗読される…。
私はいつも、うちのめされてしまいます。ヘビー級のパンチです。撃たれた瞬間よりも、後からじわじわ苦しめられるような。
彼の詩には、そのような重厚感があります。日本語の繊細で重いパンチ。
月日と共に才能がにじみ出てきますね。これからもじわじわ、じわじわ、よろしくお願いします。




たちばなまこと


「ヨガスタジオで」では、ちょっとチャレンジして、最近はまりまくっているヨガの動きを、リーディングの合間に取り入れてみました。
リーディングは、歌やダンスに似ているな、と思います。演技にも似ているのでしょう。もちろんヨガにも通ずるものがあると感じます。
自分のからだを使って「表現すること」、「伝えること」、そして「自分が楽しむこと」。
いつもどこかに感じながら、これからもやっていこうと、特に感じた日でした。

(写真…羽織っているカーディガンが、ちょっと蛾っぽいのが気になります 笑)






ムラコシ剛による、だだすべりスライドショー


実は私、これのファンでして…。
ライブの後の、プチパーティーで上映(?)されました。
笑えます。しつこいくらいに笑いを誘います。
今のところ、ROKUROのイベントでしか観られません!
未体験の方には是非、体感して頂きたいです。




そして…

HAPPY BARTHDAY TIMOLEON !!!





正確には5日ですが、サプライズということで。




*****
いやあ、いかがでしたか?
次回も一緒に楽しみましょう。

ここまで読んで頂き、ありがとうございます。
本当に。


たちばなまこと
PR

7/7 21:07追加更新
*****************

取り急ぎ(笑)アップします。
私のデジタルビデオカメラの充電器が行方不明で、こころもとない電池で撮影したので、一曲目の那津部分(東京の唄)と、フリーダムスペース最後のいい部分が撮れていません (涙)

timoさんのカメラの方のは、近いアングルから全曲撮れていました。
アップしてくれるの? てぃもさん。
私のカメラの方が、正面から撮っているので、音のバランスはいいかな?



※timoさんビデオ、うわの空。ちゃん撮影
那津 東京の唄 その後、メンバー登場

アドリブのBGMがかっこいい。


fly me to the moon



優しい人よ 愛を歩め



フリーダムスペースのテーマ



剛さんのソロのいいとろでバッテリー切れ!
たちばなのMCがいけてない! (笑)


※timoさんビデオ、うわの空。ちゃん撮影
フリーダムスペースのテーマ ☆fullバージョン




その他のアーティストさん達のは、もうちょい待って下さい
レポートもw


たちばなまこと

いやあ、一週間後はいよいよROKURO LIVE VOL.3です。
ライブの詳細はこちら!
http://rokurokuro.blog.shinobi.jp/Entry/45/



*****
先週も今週も下北沢のスタジオで練習しました。
ビレバンダイナーでハンバーガーなどたべました。





先週(6/19)

3人でスタジオ入り。構成を固める。
スタジオの写真は取り忘れた!

その後timolen宅で練習をして、その後はワールドカップ観戦。



シュウマイ、野菜炒め、スープ担当。シュウマイのタマネギから、目を守るたちばな。



おねむるい、おねむ那津。






今日(6/26)

4人でスタジオ入り。
忘れずに写真撮ったど〜。


スタジオ1


スタジオ2


スタジオ3


On guitar and vocal
NA2(那津)

那津
マイク為しでも通るパワフルな歌声は必聴!


On guitar
GO(ムラコシ剛)

剛
クラシックギターで培った技術で、泣きのギターを聴かせます。


On pianica and keyboard
TIMOLEON

timoleon
独特のグルーブ感、アレンジの巧みさが素晴らしい。


On vocal
MAKOTO(たちばなまこと)

たちまこるい
エロティックな歌声で魅了します。
(↑ああ、他にうたい文句が浮かばないよ 自分のことを書くのははずかしい…笑)


来てね!
http://rokurokuro.blog.shinobi.jp/Entry/45/


                    たちばなまこと

 

 

 

・。;。・。;。・。;。・。;。・。;。・。;。・。;。

MUSIC & READING EVENT ☆ ROKURO LIVE VOL.3

2010.7.3  @そら庵

・。;。・。;。・。;。・。;。・。;。・。;。・。;。

詳細です。


☆日程 7月3日 土曜日

 

☆場所 そら庵

 

〒135-0006 東京都江東区常盤1-1-1
050-3414-7591
sora_an_111@yahoo.co.jp

 

☆開場 14:30

 

☆開演 15:00

 

☆料金 ¥1000 (軽食付き)

 

☆出演&タイムスケジュール

 

■1500〜

KIKORI(music)

渡ひろこ

nana

吉田くん(music)

 

【 休憩 】

 

■1600頃〜 

ROKURO BAND(music)

服部剛

ヨケマキル(music)

ムラコシ剛

たちばなまこと

 

■1720頃〜プチパーティー(交流会)

 


 

 

 

リーディングと音楽のイベントです。肩の力を抜いて楽しんで頂けたら嬉しいです。

そら庵は、隅田川沿いの、松尾芭蕉ゆかりの地ににあります。川のにおいが優しく香ってきます。お散歩がてら、お気軽にお越し下さい。

イベント終了後、軽く食べ飲みながら、お客様との交流をしたいと思っております。

 

皆様のお越しをお待ちしております!

 

 

 

 

 

 

 

 

          たちばなまこと

 

 

Image264.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後輩が結婚するというので

今度の土曜日、静岡でパーティーに出席する

余興を頼まれたので、仲間と唄うことにした

「FREEDOM」

という唄

内容は、一人の貧乏貴族が、都市部いる金持ちの商家の娘と恋に落ちるんだけど

「征米丸(セイベイガン)」というドラッグをやりすぎて

ついに絵描きになるっていう内容の小説だ

評論家はありふれた言い回しのありふれたストーリーだというのだけれど

俺は至極好きな小説で全16巻のうち3巻までを吹上図書館で借りて

まだ読んでいません。

想像力をたくましくして、風邪薬を飲んで、エアコンのドライな部分と眠るのは

至極みっともない

地方都市でミルクの飴を舐めるみたいに

優しく意味のない

リリックが

寂の部分で

いや、サビの部分で

いや、寂でも良いや

「ダーリン、僕の生まれた場所は 天国も地獄もなくて

柳は緑 花は紅 地下鉄を歩くように 孤独の団扇あおげ」

これは仏教用語入りで

肝はハモリ

ギターはただ、気持ちを高めるための箱で恋人だが

愛人よりも差別が無い

 

後輩の結婚式には

そんな唄を歌うつもりです

 

どんな歌なのだろうか

と思った人は

ROKUROのライブでもその唄を唄うので

聞きに来てほしいです

「ダーリン 僕の生まれた場所は 天国も地獄もあって 

             丸いタンクに朝日が落ちて 遠鳴りの貨物列車が 僕の心を乱す」

 

 

 

13082066.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

那津 2010.6.8

 

 

 

 

 

次は兄弟達への詩を書きます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2017 ROKURO BLOG All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]