忍者ブログ
同人詩誌ROKUROの活動報告など。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

200911141601002.jpg

 

 

 

 

 

 

 

大晦日だ

今年最後のブログとなる。

今年ROKURO4号では、

夏野雨さんを呼んで皆でセッション、那津と録音などでCDを付録にした。

今年の総括と言っても単純にそんなわけにはいかない。

 

 

 

ワタシが今ここにいるのは、何かの導きによってだ、

思い起こすと、モーヌ。さんと他の3人と初めて会ったのは、

2007年、調布の居酒屋だったと思う。

ワタシはモーヌ。さんに会いたかった。

会って肌で本物の詩人を感じたかったのだと思う。

詩はコトバであり表層である、今もワタシの中でそれは変わりない。

音楽や絵画や映画と同じ表層でしかない。

だからこそワタシは会う必要があったのだと思う。

ROKUROに「リュミエール礼賛」という詩を

掲載してもらった、映画の創始者リュミエール兄弟、

そして光、についてのオマージュだ。

ワタシにとってはファンタジーだ。

ワタシはその頃、ファンタジーを描いていた。

しつこいようだが、もう一度云う

詩は、コトバは、そして今ここにあるblogも表層である。

網膜的な詩人の皮膚である。

その皮膚を切れば血が流れる。

 

 

 

DSCF2057.jpg

 

 

 

 

 

 

 

以前、那津に歌舞伎町で歌ってもらった、

ムラコシさんも歌ってくれた。

渡さんやラビさんもリーディングしてくれた、

今、その店はなくなった。

 

 

 

 

それから・・・

 

 

 

2009

今年のそら庵のライブでは、たちばなが歌った。

ワタシはやっと、人前で詩を読むことができた。

ワタシの詩がワタシの口から吐き出される、それも人前で。

おそろしくシュールな体験だ、と思った。

ワタシは人間でしかなかった。

そういうことを体現する中で、

ワタシはメンバーを改めてリスペクトすることができた。

 

 

 

ROKURO5号

那津の家で撮影をしたりDSCF2312.jpg

日々の仕事に追いやられながら、

詩を模索したり、メールをやりとりし、

時に詩人たちと会って、

探り合ったり、手を合わせたり、

それらのプロセスがあって、5号を出せた。

ワタシは「羽のない剥きだしの鳥」という詩を書いた。

羽のない剥きだしの鳥は、ただの人間のことである。

何故、詩を描くのか? 

それがワタシの業であり、剥きだしの欲望である。

 

 

 

 

200912041151000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

さて

明日からまた新しい年が始まる。

また、ライブをしたり詩をつくったり

仲間をふやしたり、来年もよろしくお願いします。

皆にまた会いたいです。

 

 

よいお年を!            timoleon 2009/12/31

 

 

 

 

 

 

 

PR
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
TRACKBACK
TrackbackURL:
PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2017 ROKURO BLOG All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]