忍者ブログ
同人詩誌ROKUROの活動報告など。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 

 

葉の重力を知る
それに足を生やす
郷愁にハンマー
目の位置に目を置くとは限らない
直観以外に何を信じれば
よいのか
わかる日が来て
わからない日が来る
けれど


めに建つビルをラッピングするために
大きなテキスタイルをあなたと
両端 そして 四隅
あなたたちと
都庁を裁つ
見守られながら


み合わせの不調が
喰らうことへの真理を晒す
卓越した土曜日
が、スプーン一杯の
したたかを運ぶ



皿に憂鬱を盛る
最短の仕種で
昔聞いた
詩域
イタリアンサラダ
乗せた分身
カラフルなコーディネーター
ポイントを押さえる
欠伸のような濁り


紙背を香る
昂じる
は眉間に突き上げる
四畳半の余剰で
忘れられた詩が醸し
かいわれ大根が生える

背筋に走る獅子を煮込む
炭酸に猫を閉じ込める
低い声で河を泳ぐ
顔の隅に焚き付け
胸の谷間にスイーツ

うなる呼吸器
椅子の足がたゆみなく
地面に向き合う
サイレン、
艶めいた声を割く

消防車が進んだか
ケーキをスタイルで焼いたか
もっともそうそうとしている田螺が
紛れた酔いを使いこなせない
冬、色とりどりな異国な女の陰部の仕種

ハシゴ車にジンを注ぐ
割礼を焼く
紅葉にスパンキン
数多の手が真っ赤で
酋長にあわせる顔に
目が無い

立つときが来たら
手紙を送る
ほんとうの心臓をくれるなら
いつでも捧げる覚悟
星を
握る

五体の満足を金で
本能を肯定する
美しい獣、を
飼い慣らすための躾

海で暮らす
聖者が不倫を繰り返す
革のフリンジにピアニカの高鳴り
パラダイスに向かうには
取り付きにくいハイウェイ
氷河の様に頑ななルール

田園の方が星よりもあたたかい
楽園の方角
ほら吹もぺてん師も
後からついてくる
喉笛から雨乞い
金屏風に豊穣の滝壺

いつまでも愛だの恋だの言って
と 言う
実りを抱えて階段を滑り降りる
ドリフのみどりの堀へ
ようこそ

再会に逆さまに
共食いの日々から
抜け出すには
やはり宇宙に確かな一歩を踏み出す
それは思うよりも直感的で
訓練や鍛練を積めば積むほど
定石は感覚の繰り返しに宿る
歩き去った頃に気付き
魂は更に血を求める

先天性の理性に鞭
を、打って
汽車に新たなレールを掴ませ
酋長
の、頭をとって
首を垂れろ

連詩 200911,02

imoleon

たちばなま

うわの

 

PR
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
TRACKBACK
TrackbackURL:
PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2017 ROKURO BLOG All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]