忍者ブログ
同人詩誌ROKUROの活動報告など。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

www.gauguin2009.jp/gog0001.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

友達に招待券を頂いたので、別の友達を誘って、ゴーギャン展に行ってきた。

ゴーギャン…

知っていたが、特別な興味はなかった。

 

今見ると、また違った。

今の自分は画家の人となり、絵の背景を知りたくなっている。

純粋に芸術を楽しむ人には邪道にうつるだろう。

いいか悪いか

好きか嫌いか

観点はそれだけで、実は良いのだろう。

 

ゴーギャンは病と共に過ごしていたそうだ。

病と共存しながら、むしばまれる体を引きずりながら、娘の若すぎる死に打ちひしがれながら、描くものは必然的に哲学的になるのかもしれない。

 

私は哲学思想が好きで、学生の頃は哲学書、思想書をよく読んだ方だが、今はめっきり読まなくなった。もしかすると無意識に、芸術や文学から哲学思想を拾う志向になっているのかも。

 

今回の展示の目玉になっている

”我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか”

と、一番はじめに展示されていた風景画は「いいな」と思った。

 

ゴーギャンの色彩は好きかな。サインも好きだな。

ゴーギャンの良さは、エスプリと熱帯のコラボレーションなのかな。

 

 

 

写真はクリアファイル。他に、缶に絵がプリントされた紅茶も買った。

展示グッズはゲットしたい派です。(実はミーハー)

 

                   たちばなまこと 

PR
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
TRACKBACK
TrackbackURL:
PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2017 ROKURO BLOG All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]